年相応の教務を

年齢が若いときは、熱意いっぱい、多少は乱暴な物言いでも子供は「ついてきて」くれます。
でも、若くはない年齢で「かつての教務」をしていてはアホです。
熱意は、信頼性に
言動は、丁寧で真摯な表現に
年齢とともに教務内容も変えていかなければ「質の良い教務」は維持できないのです。

関連記事

  1. 雑談雑考;塾生30名で損益分岐点が成否のカギ
  2. 学習塾の独立開業・起業・開校を成功させるには⑪
  3. 教室展開⑦:適材適所・適所適材
  4. * 特番;学習塾経営・開校・開業「学習塾経営の現実①;保護者対応の愚…
  5. 雑談雑考:学習塾経営者の成功する資質、似て非なる「頑迷」と「信念…
  6. 教室展開③:人材育成
  7. 家庭内学習教室について:ご質問ベスト3のご回答
  8. 個別指導塾このこれから⑤

ブログカレンダー

2020年9月
« 8月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP