塾長・経営者の熱意や言うことをそのまま伝えようとすることが間違っているのです。

塾長は嘆きます。
なぜ、自分の言うように「下」はできないのか!
自分が100度の温度で言っていることが下に伝わるほどに「温度が下がって」しまう。
当たり前です。
自分のコピーは作れません。
自分の言う熱意や決意がそのままの温度で伝え伝えていくことなんて無理なことです。
「魔法瓶伝達」を幹部が考えること自体が間違っているのです。
学習塾経営は、他のサービス業とは「異なる特異性」があることに多くの塾長・経営者は気づいていません。

関連記事

  1. お問合せの多い質問①
  2. 塾生を集める方法⑤
  3. 教室運営活性化とは⑨「時間講師の質の維持・向上がカギ」
  4. 夏の雑考雑談⑥;毎年仕切り直しが学習塾の宿命ならば…
  5. 雑談雑考:学習塾経営者の成功する資質、似て非なる「頑迷」と「信念…
  6. 学習塾開業成功事例:32歳・SE・独身
  7. 雑談雑考;塾生募集の要諦③
  8. 学習塾のホームページの有効性②

ブログカレンダー

2021年8月
« 7月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP