塾長・経営者の熱意や言うことをそのまま伝えようとすることが間違っているのです。

塾長は嘆きます。
なぜ、自分の言うように「下」はできないのか!
自分が100度の温度で言っていることが下に伝わるほどに「温度が下がって」しまう。
当たり前です。
自分のコピーは作れません。
自分の言う熱意や決意がそのままの温度で伝え伝えていくことなんて無理なことです。
「魔法瓶伝達」を幹部が考えること自体が間違っているのです。
学習塾経営は、他のサービス業とは「異なる特異性」があることに多くの塾長・経営者は気づいていません。

関連記事

  1. 雑談雑考;学習塾の面倒見とは何か
  2. 学習塾成功法④
  3. 年相応の教務を
  4. 雑談雑考:「口だけのコンサルティングか?」
  5. 学習塾成功法⑫
  6. これからの生き残る学習塾経営③
  7. 年度報告書の作成を
  8. 学習塾経営について⑧

ブログカレンダー

2020年10月
« 9月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP