2教室目が失敗するワケ

こんにちは。
個人経営で単体教室の成功法と複数教室(2から10教室)成功法、それ以上の多教室展開成功法は、戦略と思考法が段階的に異なります。
単体教室がうまくいった方法で2教室を開校して失敗する場合が多いのは明確な理由があります。
「同じ教室」を創ろうとするからです。
塾長が一生懸命教室運営に携わった教室を自分ではない人に運営を任せて「自分と同じ様に」運営することは不可能なのです。
ではどうすれば?
コンセプトを変える…まったく新しい教室を創る逆転の発想が必要です。
但し、理念は共通なのです。
続く…

関連記事

  1. 雑談雑考;学習塾の将来性①
  2. 等身大を認めることから全てが始まる
  3. パンドラの箱
  4. 雑談雑考:塾生増加の方法①「他塾からの転塾」
  5. 個別指導塾のこれから⑩
  6. 個別指導塾のこれから④
  7. 夏の雑考雑談⑫;学習塾の起業・開業「ホームリターンの勧め」
  8. 教室運営活性化とは⑤「改善の一歩は閉塞感の払拭」

ブログカレンダー

2020年11月
« 10月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP