教室運営活性化とは⑨「時間講師の質の維持・向上がカギ」

時間講師を使っている学習塾の悩みは…

●以前に比べて(特に学生)質の悪い人材しか来なくなった。

●ドタキャンされて困る。

●そもそも、募集しても集まらない。

学習塾のアルバイトは、不人気職種No.1という頭の痛い現実なのです。

だからといって、手をこまねいてもいられません。

先ず必要なことは、時間講師の研修です。(講師の質が塾生の確保に直結しますから)これは、定期的に多くやればやるほど良いのですが現実は、「企画しても集まらない。」でしょう。それでも、2ヶ月に1回、3ヶ月に1回はすべきです。

●研修を受けるメリット(受けることが特になる工夫)

●研修を受けないデメリット(実害となる)

これを考えることです。

教室運営活性化で大切なことのひとつは、人材育成なのですが中々手をつけていない(手がつかない・つけられない)塾長が多いようです。

人材の確保、育成に悩んでいる、他塾との差別化をしていきたいと思っている…どうぞ、塾コンにお気軽に「お問い合わせ」を。

 

 

 

関連記事

  1. 雑談雑考:現実的に塾生は何人集まるのか?
  2. これからの生き残る学習塾経営⑦
  3. 学習塾成功法⑪
  4. 学習塾の教室運営を職人技にしてはいけません
  5. 「学習塾経営・教室運営」について⑪
  6. 上手くいったら…は,ダメです
  7. 雑談雑考;年収500万円稼げているか?
  8. 学習塾経営を成功へ導くには

ブログカレンダー

2021年4月
« 3月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP