教室運営活性化とは⑧「論理的思考を助けるツールの活用」

塾経営者及び塾長(教室長)で塾(教室)独自のツールを持ち、活用している人は「強い」です。

★差別化を具体化するための「競合分析」

★定期的に行う「現状分析」

★塾生募集に関わる「ABC分析」

少なくともこの3つのツールを持ち、活用してほしいものです。

人は誰でも「自己分析」を嫌いますし、自身へのノルマの設定も嫌でしょう。ならば、他人ならなおさらです。

なんとなくや、雰囲気や、不定期に…では、現状を改善することはできません。

また、時間に流され生産性も職務遂行モチベーションも下がります。

ツールは、学習塾の開業・起業の場合でも、いやだからこそ初めから活用に慣れることが成功への道です。

自塾独自のツール作成と活用が解らないのであれば、塾コンに「お問合せ」してください。

関連記事

  1. 雑談雑考;ある保護者の声「大学生の先生は信用できない。」
  2. 特番;学習塾の独立開業・起業・開校の前にすべきこと
  3. 緊急特番;50歳以上の学習塾経営・開業希望者向け成功プログラム
  4. 個別指導塾のこれから⑩
  5. 危機管理
  6. 最低な講師とは…
  7. 雑談雑考;塾長の悩み相談「複数教室展開①」
  8. 雑談雑考:学習塾成功のキモは個性化

ブログカレンダー

2020年10月
« 9月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

最近の記事

  1. *

アーカイブ

PAGE TOP