教室運営活性化とは⑧「論理的思考を助けるツールの活用」

塾経営者及び塾長(教室長)で塾(教室)独自のツールを持ち、活用している人は「強い」です。

★差別化を具体化するための「競合分析」

★定期的に行う「現状分析」

★塾生募集に関わる「ABC分析」

少なくともこの3つのツールを持ち、活用してほしいものです。

人は誰でも「自己分析」を嫌いますし、自身へのノルマの設定も嫌でしょう。ならば、他人ならなおさらです。

なんとなくや、雰囲気や、不定期に…では、現状を改善することはできません。

また、時間に流され生産性も職務遂行モチベーションも下がります。

ツールは、学習塾の開業・起業の場合でも、いやだからこそ初めから活用に慣れることが成功への道です。

自塾独自のツール作成と活用が解らないのであれば、塾コンに「お問合せ」してください。

関連記事

  1. 学習塾経営について⑥
  2. 雑談雑考;成功する塾長は信念と経営戦略の両輪が必要
  3. チラシの反応が鈍い…のは事実です。
  4. 特番;脱サラ&副業で学習塾を起業・開業する場合について
  5. 学習塾成功法⑤
  6. 「学習塾経営・教室運営」について⑦
  7. これから生き残る学習塾経営②
  8. 学習塾の将来性②

ブログカレンダー

2019年4月
« 3月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP