教室運営活性化とは⑥「ダメなものはダメを認めること」

戦略の基本に差別化があることはご存知かと思います。

差別化戦略の本質は、強みの強化です。逆に言えばできないことややれそうもないことに注力しても結果が薄いということです。

これは、様々に当てはまります。

チラシを入れても反応がないならば、同じことやり続けるのは意味がありません。

小学生が集まらないならば、カリキュラムや指導内容を変えなければダメでしょう。

また、ないものねだりで商品力があることから「中学受験対応」や「高校生指導」を始めても塾長もしくは教室長にいくばくかの関われる「元」がなければ失敗します。

現有する経営資源で「何が強みになるのか?」を考えることです。

そのための第一歩は、現状分析です。

現状分析と言われても、どうすればいいのやら?の場合は、塾コンに「お問合せ」ください。

思いのほか安価な費用で対応しています。

関連記事

  1. 教室運営活性化1-①「教室責任者(塾長・教室長)の能力向上;入塾…
  2. 事業部・会社として学習塾を成功させるためには、フランチャイズ加盟…
  3. 職人技と差別化の違い
  4. 教務力とは
  5. 教室運営活性化とは⑩「積極的保護者対応」
  6. 個別指導の講師はなぜ座っているの?
  7. 雑談雑考;ポスティング1,000枚で問い合わせ12件の訳
  8. 「学習塾経営・教室運営について」③

ブログカレンダー

2019年2月
« 1月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
2425262728  

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP