教室運営活性化とは①「塾生募集を戦略的に考える」

既存教室の運営で一番の気がかりは「塾生募集」です。今さら感がありますが塾生が増えないことには何も始まりません。

塾生を増やすには、チラシ・ポスティング・ホームページそして口コミがその「方法」ですがこれらをリンクして総合的な募集戦略を考えたことはありますか?

ほとんどの個人塾はしていません。個人塾のみならず法人の多教室展開塾もちゃんと考えているところは少ないでしょう。

今やチラシの反応は1万枚でも1件あれば良し、ポスティングは3000枚で1件の反応で良し、が現実です。この数字までいかない場合も往々にしてあるかもしれません。また、ホームページの問合わせフォームからは「資料請求」ばかりで実際に入塾に繋がらないのも常態です。口コミは、いくら募ってもパッとしない…これも常態です。

そもそもの間違いは、これらを縦割り式に別々に考えることです。募集戦略として有機的にリンクさせる方法があるのですが知らない・できないのでしょう。現状を打破することが活性化の本質です。今まで結果が出ないならば同じことを続けるだけ時間とお金の無駄というもんです。

聞くだけならタダなのですから塾コンの無料相談(お問合せ)を活用してみてはいかがでしょう?

関連記事

  1. 「学習塾経営・教室運営について」④
  2. なぜ、成功する学習塾を「創成」なのか?
  3. 教室展開⑧:目からうろこの教室展開
  4. 個別指導塾のこれから④
  5. 15周年記念キャンペーン第一弾:成功する学習塾開業・有効な学習塾…
  6. 学習塾経営について⑨
  7. 雑談雑考:現実的に塾生は何人集まるのか?
  8. 「学習塾経営・教室運営」について⑧

ブログカレンダー

2019年12月
« 11月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP