これからの生き残る学習塾経営⑪

凡そ学習塾の提供サービスは、どこも同じと言っても過言ではありません。

特に、個別指導型の授業は今や差別化された指導内容ではなく、そのデメリットを指摘されている昨今です。

・時間講師が学生なのになんで塾長や教室長と同じ月謝なんだ?

・そもそも、学生が指導する事自体信用ができない。

・費用対効果が悪い。

・受験勉強としての指導をしてくれるのか?

実際、個別指導型のフランチャイズ塾が苦戦をしている理由です。

そろそろ、個別指導神話が崩壊している現実に気づくべきです。

また、「解らないところを教える。」だけでは、魅力がないことも…このあたりに、生き残る指針がありましょう。

 

関連記事

  1. お知らせ「知らないと怖い学習塾経営の話」
  2. 学習塾の独立開業を成功させるには②
  3. ダメ塾長とは…
  4. 個別指導塾のこれから④
  5. 人材育成の大切さ
  6. 雑談雑考:入試改革と個人経営塾の行く末を考える
  7. 番外タイトル:塾コンはなぜクライアントを明かさないのか?
  8. 教室展開④:二教室目を失敗する理由

ブログカレンダー

2021年10月
« 9月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP