リスクが低い学習塾開業・開校の為に

リスクが低い学習塾開業・開校の為に

最近、驚いたことはあるF.C加盟で学習塾を開業した方ですが…

F.C加盟での総費用(名目はいろいろ)、テナント借り入れ及び工事費、教室設営費用の合算で約800万円

資金は、自前で500万円+政策金融公庫からの借り入れが400万円の計900万円

塾長自身が教務をするということ(時間講師も雇用予定)ですから、もちろん教室長や講師の人件費はかかりませんが生活費はどうするの?

仮に、月に20万円(妻帯者であれば少ないです)として、+教室の運転資金がかかりますから上記の引き算で残額100万円で足りるのかな?

「大丈夫です。3ヶ月後には塾生が20名はいますから…」と本部の人に言われたそうですが…アウトです。

準備資金200万円~300万円で充分な方法があります。

仮に500万円の資金があるならば、200万円以上現金を残したほうが安心して経営できるはずです。

 

関連記事

  1. 学習塾経営・開業・開校のリスクを最大限下げる方法
  2. 学習塾経営の失敗例アラカルト;E-learningの良否
  3. 学習塾の開業資金はいくら?
  4. 学習塾開業・開校準備について①
  5. 学習塾開業・開校;成功するには理由がある。
  6. 学習塾経営・脱サラ・開業を成功させるには初期費用を抑えること
  7. 少子化・乱塾時代に成功する方法
  8. 学習塾経営・開業・開校:初期費用の低減化

ブログカレンダー

2022年7月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP