学習塾開業・開校で節約してはいけないことと節約すべきこと

経費節減はとても重要なことです。特に、開業時は可能な限り「現金を残したい」です。

固定経費①
テナント賃料は10万円~12万円が上限です。当たり前ですが「使いかってがよく・集めやすい物件」を探します。

固定経費②

人件費は自分以外には極力抑える授業内容を考えます。(但し、パソコン教材主観にすると成功確率は極端に落ちます)

固定経費③
WEB広告費(主にホームページ関連費)と複合機リース代は、殆ど計上したくない(しない)塾長がいますがこれは相応にかけるべき費用なのです。

加えて、教室設営時に

備品、看板、テナント借りの初期費用、初期宣伝広告費等がかかりますが、これらは極力抑えたいです。

+アルファで…会議用長テーブルにパイプ椅子ではなく、そこそこ質の良い・雰囲気が良い教室創りが最近では重要であることを付記します。

これらを熟慮して、

開業準備;開業場所選定他→開業時諸設定;通信関係他→教室設営を初期費用〇円で行う」ことができます。

関連記事

  1. 小さな学習塾の開業;7坪の学習塾でも成功する方法
  2. 学習塾経営・開業・開校;塾生20名で月収18万円が目安
  3. 副業で学習塾をする;主婦でもできる学習塾
  4. 学習塾開業の資金は最低いくら必要なのか?
  5. 学習塾開業・開校時の通信関係と机・椅子等の什器一切を…
  6. 学習塾経営・脱サラ・開業を成功させるには初期費用を抑えること
  7. 学習塾開業・開校で成功する為の第一要件は…
  8. 自己資金300万円以下でも開業できる

ブログカレンダー

2020年11月
« 10月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP