学習塾開業・開校で節約してはいけないことと節約すべきこと

経費節減はとても重要なことです。特に、開業時は可能な限り「現金を残したい」です。

固定経費①
テナント賃料は10万円~12万円が上限です。当たり前ですが「使いかってがよく・集めやすい物件」を探します。

固定経費②

人件費は自分以外には極力抑える授業内容を考えます。(但し、パソコン教材主観にすると成功確率は極端に落ちます)

固定経費③
WEB広告費(主にホームページ関連費)と複合機リース代は、殆ど計上したくない(しない)塾長がいますがこれは相応にかけるべき費用なのです。

加えて、教室設営時に

備品、看板、テナント借りの初期費用、初期宣伝広告費等がかかりますが、これらは極力抑えたいです。

+アルファで…会議用長テーブルにパイプ椅子ではなく、そこそこ質の良い・雰囲気が良い教室創りが最近では重要であることを付記します。

これらを熟慮して、

開業準備;開業場所選定他→開業時諸設定;通信関係他→教室設営を初期費用〇円で行う」ことができます。

関連記事

  1. 退職金を初期費用に充てて学習塾で開業するリスク
  2. 成功している塾長は事前準備に…
  3. 雑談雑考;コロナ渦で学習塾の開業をすべきなのだろうか?
  4. 学習塾経営・開業・開校:初期費用の低減化
  5. 学習塾開業の資金は最低いくら必要なのか?
  6. 学習塾の開業・起業・開校;飾りじゃないのよ理念は・・・・・
  7. 個人学習塾成功の秘訣は塾長の個性を活かすこと
  8. 学習塾成功;5の鉄則

ブログカレンダー

2021年3月
« 2月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP