学習塾経営・独立開業・開校:成功塾の創り方

敢えて、「創る」と表現する意味は、独自性が成功塾のカギだからです。

近隣他塾とは一線を画した内容を構築する事なのですが、短絡的にE-LEARNING教材を導入して失敗してしまう例が多い昨今です。

なぜ、失敗するのか?

それは、「教室責任者の個性の反映がない」からです。

特に、異業種の方が学習塾経営をする場合「教務力」に不安があることからE-LEARNING教材を導入しますがこれは全く差別化戦略になっていません…と言ったら驚くかもしれません。

十人十色と申しますが、人は必ず「強みと弱み」があるものです。

自分の強みとは何かを突き詰めて、強みを活かした運営内容を創ることが大切です。

0円パックは、初期費用を抑えながらも「貴方流」の教室運営内容を構築できる業界唯一無二のサポートです。

関連記事

  1. 脱サラする前に副業で学習塾を開業するのはどうでしょうか?
  2. 学習塾開業・開校準備について①
  3. 学習塾経営成功法
  4. 学習塾開業前に準備すること
  5. 学習塾で成功する思考(学習塾はサービス業なのです)
  6. 少子化・乱塾時代に成功する方法
  7. 学習塾開業・開校;初期費用が高額なのは失敗への道
  8. 塾生募集の王道は「転塾を誘う」ことです

ブログカレンダー

2020年11月
« 10月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP