学習塾経営・開業・開校:初期費用の低減化

フランチャイズ加盟での学習塾開業・開校の場合、加盟するF.Cにより「幅」がありますが、加盟金・研修費、テナント取得費用・看板設置及び教室設営費用等の総額で「300万円~1,000万円」かかります。

この上に、ランニングコストを用意することになります。

個人での開業・開校の場合は、勿論加盟金・研修費がかかりません(一人での開業・開校、運営が心配であればサポートする会社を見つけましょう…それでもF.C加盟ほどは費用はかかりません)。

かくして、初期費用を抑えて、ランニングコストに回すことで総額を低減化できる訳です。

特に、教室設営費用が初期の持ち出しを「0円」にできればかなりの金額をランニングコストにまわせるでしょう。

関連記事

  1. 塾生募集の王道は「転塾を誘う」ことです
  2. 学習塾開業に必要な資金
  3. 学習塾開業・開校;初期費用が高額なのは失敗への道
  4. コロナウイルスの影響下でも個人学習塾は高評価なのはなぜか?
  5. 学習塾開業の成否は半年以内に決まる
  6. 学習塾経営・独立開業・開校:成功塾の創り方
  7. 脱サラしてリターン;郷里で学習塾経営は成功しやすい!
  8. 学習塾の独立開業;成功の秘訣

ブログカレンダー

2020年11月
« 10月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP