学習塾経営・開業・開校:初期費用の低減化

学習塾経営・開業・開校:初期費用の低減化

フランチャイズ加盟での学習塾開業・開校の場合、加盟するF.Cにより「幅」がありますが、加盟金・研修費、テナント取得費用・看板設置及び教室設営費用等の総額で「300万円~1,000万円」かかります。

この上に、ランニングコストを用意することになります。

個人での開業・開校の場合は、勿論加盟金・研修費がかかりません(一人での開業・開校、運営が心配であればサポートする会社を見つけましょう…それでもF.C加盟ほどは費用はかかりません)。

かくして、初期費用を抑えて、ランニングコストに回すことで総額を低減化できる訳です。

特に、教室設営費用が初期の持ち出しを「0円」にできればかなりの金額をランニングコストにまわせるでしょう。

関連記事

  1. コロナウイルスの影響下でも個人学習塾は高評価なのはなぜか?
  2. 【学習塾の成功の秘訣】
  3. 学習塾開業を成功させるヒント
  4. 学習塾経営・開業・開校のリスクを最大限下げる方法
  5. 資金を可能な限り抑えて学習塾経営をするには
  6. 学習塾を開業・開校時の初期費用とは
  7. 学習塾の開業・脱サラ起業;コロナウイルス緊急事態宣言の今何をする…
  8. 学習塾開業の成否は半年以内に決まる

ブログカレンダー

2022年12月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP