学習塾経営・開業・開校:初期費用の低減化

フランチャイズ加盟での学習塾開業・開校の場合、加盟するF.Cにより「幅」がありますが、加盟金・研修費、テナント取得費用・看板設置及び教室設営費用等の総額で「300万円~1,000万円」かかります。

この上に、ランニングコストを用意することになります。

個人での開業・開校の場合は、勿論加盟金・研修費がかかりません(一人での開業・開校、運営が心配であればサポートする会社を見つけましょう…それでもF.C加盟ほどは費用はかかりません)。

かくして、初期費用を抑えて、ランニングコストに回すことで総額を低減化できる訳です。

特に、教室設営費用が初期の持ち出しを「0円」にできればかなりの金額をランニングコストにまわせるでしょう。

関連記事

  1. 学習塾の開業・脱サラ起業;コロナウイルス緊急事態宣言の今何をする…
  2. 学習塾開業に必要な資金
  3. 学習塾経営の成功確率はどのくらいなのか?
  4. 少子化・乱塾時代に成功する方法
  5. 雑談雑考;学習塾経営に向いている人と向いていない人がいるのでしょ…
  6. 学習塾成功;5の鉄則
  7. 学習塾開業・開校時の通信関係と机・椅子等の什器一切を…
  8. 成功している塾長は事前準備に…

ブログカレンダー

2021年10月
« 9月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP