学習塾開業を成功させるヒント

言わずもがななことですが初期費用を抑え、現金を可能な限り多く手元に残すことです。

当たり前① 口座に現金が多く残っていれば心の余裕ができる⇒金の心配なく仕事に集中
当たり前② 宣伝広告費をケチらないで済む⇒塾生確保が早い
当たり前③ 生活が窮々しないで済む⇒妻から怒られない
当たり前④ 運転資金が潤沢⇒1年以内にアウトにならない

当たり前・・・・・・

フランチャイズ加盟を例に取れば、説明をお聞きになった方はごぞんかと思いますが、テナント借り入れ・看板、教室設営そしてフランチャイズ本部へ支払い等で600万円~1000万円が相場です。

政策金融公庫からの借り入れをして資金捻出をする場合が多いのですがそれでも、生活費を合わせればかなりの額がかかる(と私は感じています)でしょう。

「開業初期費用を如何に抑えるか?」は至極当然のこととなります。

果たして、教室設営が0円でできるならば、上記のすべての費用を合算しても500万円以下でOKなのです。

 

関連記事

  1. 新規開業するときの不安② 場所
  2. 8坪・賃料5万円でも月収26万円以上なら?
  3. 学習塾経営・開業・開校;脱サラして成功するためには…「開業費用」…
  4. 学習塾開業に必要な資金
  5. 学習塾経営・開業・開校のリスクを最大限下げる方法
  6. 学習塾経営成功法
  7. 退職金を初期費用に充てて学習塾で開業するリスク
  8. 学習塾開業・開校で可能な限り資金を抑えるには

ブログカレンダー

2020年11月
« 10月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP