コロナウイルスの影響下でも個人学習塾は高評価なのはなぜか?

コロナウイルスの影響下でも個人学習塾は高評価なのはなぜか?

固定費の低減化の為に0円パックでの教室面積は15坪以内を推奨しています。
多くは、12坪前後ですが8坪の教室もあります。
非常事態宣言で休業要請対象の店舗規模が100平米(約30坪)以下であることから、大手を振ってとは言いませんが開校できる面積です。
それ以上に、意外に保護者の要望が高いことが個人経営学習塾の実際です。
「学校の宿題が子供一人ではできない。」
「新学年の勉強が計画的にできない。」
「在宅e-learning学習だけでは飽きてしまっている。」

かくして、「保護者判断での通塾」として、開校しています。
勿論、感染防止対策は考えうることは全てします。
〇席を離す。→通常授業とは異なる時間帯で塾生を振り分ける。
〇消毒、マスクの慣行
〇換気
 在宅学習希望の場合は、それぞれの塾長が工夫を凝らし対応しています。

生命にかかわる一大事ですから、無理をしての開校はしませんがニーズがあるという事実は無視できないのです。

また、不謹慎ではありますが収入の確保ができているということはありがたいことです。
学習塾経営は、大きく儲けることはできませんが「固い安定した収入」を得ることはできます。

学習塾経営にご興味がある方は、在宅時間が多いこの時期にメールなり電話なりで「成功塾の運営とは?」を知る機会にしてください。

関連記事

  1. 学習塾開業・開校資金:初期費用を抑えるには…
  2. 学習塾開業の成否は半年以内に決まる
  3. 学習塾フランチャイズの費用相場
  4. 学習塾経営・開業・開校のリスクを最大限下げる方法
  5. 学習塾の開業資金はいくら?
  6. 学習塾開業・開校準備について①
  7. なぜ、学習塾の開業:開校サポートをするのか…
  8. 学習塾開業・開校1か月で塾生12名は・・・・・

ブログカレンダー

2022年1月
« 12月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP