個人学習塾成功の秘訣は塾長の個性を活かすこと

少子化と乱塾の市場環境下、大手進学塾や著名フランチャイズ本部のM&Aや業務提携等が進んでいます。
市場の拡大が見込めない状況では、塾生獲得は「パイの取り合い」になるのは必然ですが果たして個人経営学習塾はどうなのでしょう?
利益を出すには、固定経費の低減とフレキビリティがカギです。
固定経費の低減とは、塾生が30名で十分に利益が確保できる内容にすることであり、フレキシビリティとは近隣他塾にはない特色を出すということです。
塾長の個性や能力は、千差万別でその人個人の良さを具体化することが重要になります。
良さを具体化するとは、授業内容であったり、運営内容であったり…必ず創りえるものなのです。
社員教室長や時間講師ではできないことなのです。
そこには、指導塾生数2500名以上、成功塾長の経験と今この時に成功している塾のコンテンツが必要です。
貴女の強みを生かした運営内容の構築アドバイスも致します。

関連記事

  1. 脱サラする前に副業で学習塾を開業するのはどうでしょうか?
  2. 学習塾開業・開校1か月で塾生12名は・・・・・
  3. なぜ、学習塾の開業:開校サポートをするのか…
  4. 学習塾経営の成功確率はどのくらいなのか?
  5. 学習塾経営・独立開業・開校:成功塾の創り方
  6. 【学習塾の成功の秘訣】
  7. 少子化・乱塾時代に成功する方法
  8. 学習塾開業・開校;成功するには理由がある。

ブログカレンダー

2020年11月
« 10月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP