「学習塾経営・教室運営」について⑫

多くの塾では、「商品開発」を中々できない・しないものです。
現在の指導が一番いいから?
果たしてそうでしょうか…退塾はどこの塾でもあることですがその理由が「指導内容」の因るものであれば新たな講座や指導内容を考えるべきです。
また、ニーズの掘り起こしとして講座を考えることは他塾との差別化にもなります。
新たな講座や指導内容は、日常のカリキュラムで行う前に「講習会でやってみる」ことをお勧めします。理由は、「ウケるかウケないか、図る機会を創る」ことが必要だからです。

関連記事

  1. これからの生き残る学習塾経営⑦
  2. 個別指導塾のこれから⑩
  3. 春期講習会を無料にしてはいけません。
  4. 経営者はバランス感覚が大切
  5. 教室展開⑧:目からうろこの教室展開
  6. 特番;脱サラ&副業で学習塾を起業・開業する場合について
  7. 雑談雑考;中高年世代が成功する方法
  8. 学習塾の独立開業を成功させるには①

ブログカレンダー

2018年11月
« 10月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP