雑談雑考:学習塾経営の成否を分けるのは②

 開校場所の選定の次に大切なことは「教室責任者の個性の反映」です。これは即ち、差別化の具体策となります。例えば…

「若き塾長・教室長」であれば、熱意と体力を具体化した運営

「40歳以上の塾長」であれば、人格と教養を武器とした運営

「教務力に自信がある」ならば、近隣他塾と異なる教務指導の具体化

「教務力に自信がなくとも熱意と理念がある」ならば、e-learningを活用した独自のカリキュラムとマネージメント

塾長の個性とは、塾業に限らない職務経験であり、人格であり、性格であり、固有の能力を指します。

これらを熟慮し、活かした指導内容と教室運営を構築することが他塾にはない差別化された教室運営となります。

ここに、フランチャイズ加盟塾よりも個人経営塾が成功する確率が高い理由があるのです。

些細なことでも気になる方は 「なんでも質問箱」 をご活用ください。

 

関連記事

  1. 雑談雑考;個人塾経営の将来設計①
  2. 雑談雑考:学習塾経営の成功は一様ではない
  3. 学習塾開業を検討されている方々へ:後悔する前に無料相談を!
  4. 「無料」成功する学習塾経営説明会のご案内
  5. 雑談雑考:現実的に塾生は何人集まるのか?
  6. 学習塾開業成功事例;未経験・早期退職・56歳・妻帯者・地方リター…
  7. 雑談雑考:安定している学習塾の特徴①
  8. 雑談雑考;乱塾時代の学習塾成功法はあるのか?

ブログカレンダー

2018年8月
« 7月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

最近の記事

  1. *

アーカイブ

PAGE TOP