雑談雑考:学習塾開業・開校のリスクについて

低資金で、誰でもできる学習塾。また、フランチャイズ加盟塾であれば全くの未経験者でも独立開業できることが魅力です。

特に、学習塾業の未経験者の方はフランチャイズ本部の説明を聞いて

「これなら、私にもできる」

「この教材なら成績が上がる」

「こんなに利益が出るなら」

と、夢のような将来を描きがちですがリスクについては中々本当のことを聞く機会が少ない現実です。

まず第一に、「誰でも成功する」わけではありません。

第二に、「成功塾には共通している事(裏を返せば失敗する共通項)」があります。

第三に、開校後に「手残し資金」が幾らあるのか?

どんな業でも「蓋を開け無ければ解らない」のが経営者としてのリスクです。どんなに美味しそうな話でも全くリスクがないことはありえません。

大切なことは、

①(自身にとって)現実的な計画であること

②「取らぬ狸の皮算用」的な見込みを建てないこと

③学習塾業の現実と本当の実態を知ること

これらを知らずに開業することが最大のリスクでしょう。

学習塾業未経験の方で、成功されている「前職」の例を挙げれば(順不同)

銀行・金融関係:経理に明るいので仕事の効率を理解していることと客商売の意識がある。

営業職関係:営業的に塾生を集めることに抵抗が無い。

サービス業(小売含む):客商売の本質を理解している。

総じて、組織での仕事経験があるので「人材育成・対人関係能力」を理解していることもあります。

意外に苦戦しているのは

教職経験者:教えるのが仕事と考えてしまう。

塾講師:以前の職場イメージが払拭できない。

また、オーナーとして経営に専念し、教室運営は雇用した教室長に任せる場合

成功:学習塾業の知識・見識がある、一時でも現場経験をしている(自身で指導をする機会)。

失敗:教室長に教室運営を丸投げせざるを得ない(知らないので任せるが振り回される)。

転ばぬ先の杖と申しますが、

開業を決める前に情報収集と不安や疑念を払拭する意味でも「無料相談」をご活用頂ければ幸いです。

 

関連記事

  1. 雑談雑考;成功する塾長は信念と経営戦略の両輪が必要
  2. 雑談雑考:学習塾経営の成否を分けるのは③
  3. 15周年記念キャンペーン第一弾:成功する学習塾開業・有効な学習塾…
  4. 雑談雑考;学習塾経営の実際
  5. 塾生30名で利益が出なければ運営に問題がある
  6. 学習塾開業成功事例;未経験・早期退職・56歳・妻帯者・地方リター…
  7. 雑談雑考:どんな塾が「今」ウケているのか?
  8. 緊急特番;50歳以上の学習塾経営・開業希望者向け成功プログラム

ブログカレンダー

2018年11月
« 10月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP