学習塾経営について⑥

複数教室展開を成功させるには、「自身の分身教室長を創ろうとしないこと」です。
なぜなら、塾長の意識と教室長の意識には「埋めようにも埋められない」差があるからです。
然るに、教室長には「能力に見合った」教務内容と教室運営を考えるべきなのです。
但し、本部教室としての位置づけで塾長主導の教室があり、その近隣(スープが冷めない距離)に文教室として展開する場合はその限りではありません。

関連記事

  1. 最低な講師とは…
  2. 家庭内学習教室について:ご質問ベスト3のご回答
  3. 夏の雑考雑談①;学習塾業界とは…
  4. GW特集;学習塾の実際「現場で起こる悲喜交々②」
  5. 個別指導塾のこれから⑩
  6. 「学習塾経営・教室運営」について⑨
  7. 雑談雑考:現実的に塾生は何人集まるのか?
  8. 学習塾開業・独立起業の最後の確認;ラストオピニオン

ブログカレンダー

2018年12月
« 11月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP