雑談雑考:塾生増加の方法①「他塾からの転塾」

学習塾に通塾していない生徒に入塾してもらうよりも、近隣他塾の塾生を自塾に誘導させることが得策です。

なぜなら、大手・中堅塾も含め約2割から3割の塾生は、「お客さん塾生」だからです。

月謝を支払っているだけで、ほとんど成績が上がっていないにもかかわらず通塾している塾生です。

成績不振児童ですが、皆が「やんちゃで、やる気なし」ということではなく、接し方や指導のやり方で俄然やる気になる子供がいます。

では、どうやって転塾を誘うのか?

古典的な方法ですが、塾関係者自らがポスティングをすることです。

転塾ターゲット塾を明確にすること。

ポスティング紙面の内容は、「自塾の強みと今の塾の通塾していて成果が出ていないことを突く」ことです。

配布チラシとホームページの関連付け

が、大切です。

この方法で、3ヶ月で14名の塾生増加に繋がった塾があります。

相談や質問があれば

塾コンなんでも質問箱」をご活用ください。

 

 

関連記事

  1. GW特集;学習塾の実際「現場で起こる悲喜交々③」
  2. 上手くいったら…は,ダメです
  3. 学習塾経営について②
  4. 学習塾の起業・開業・開校のために⑦
  5. 番外タイトル:塾コンはなぜクライアントを明かさないのか?
  6. 夏のキャンペーン:ご説明「多い質問の御回答」
  7. マンネリ化と信頼性の違い
  8. 雑談雑考;中高年の引きこもりの方々へ②

ブログカレンダー

2018年11月
« 10月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP