学習塾経営について②

・・・続き。
オーナー塾長は経営者一本の思考ですから塾生の成績が悪かろうが高校に合格しなかろうが知ったこっちゃないです。
あるオーナー社長は、「私が一番嫌なのは、合格発表で合格した時です。」とまで言い放ちます。
なぜなら、卒塾するから。
少なからず、講師経験があれば「一番の嬉しい」報告でしょう。
オーナー経営者の心情は必ず「部下に」伝わります。時間がかかっても…
すると殺伐とした空気の「塾生集め」目的の下種な塾に成り下がります。
その行く先は?

関連記事

  1. 学習塾の将来性②
  2. 雑談雑考:学習塾経営の成功は一様ではない
  3. 雑談雑考;学習塾経営者として「明るき未来の為に・・・」
  4. 学習塾の独立開業・起業・開校を成功させるには⑫
  5. 学習塾哀歌
  6. 学習塾成功法⑲
  7. 差別化するなら商品開発を
  8. 家庭内学習教室について:ご質問ベスト3のご回答

ブログカレンダー

2018年10月
« 9月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP