番外タイトル:塾コンはなぜクライアントを明かさないのか?

営業的見地から見れば実績を固有名詞を上げて紹介すること、○○塾、□□塾・・・はこんない伸びています、等々の実績を明言することが望ましいことは百も承知なのです。また、ネット上のPR専門サイトで「好評」であることをコマーシャルする方法もあります。
でも、しませんしクライアントの固有名詞は決してあげません。
塾コンは「円の下の力持ち」であり、「黒子」である・・・塾長が主体であり、塾コンがPRに使うことは決してあってはならないからなのです。
営業的にはマイナスですが、私たちは関わる塾の成功に貢献し続けていますし、新規開業・開校クライアントの失敗は皆無です。

関連記事

  1. 雑談雑考:夏の思い出②「24時間マラソン勉強会」
  2. 雑談雑考;ある保護者の声「大学生の先生は信用できない。」
  3. チラシの反応を上げるには…
  4. 学習塾成功法⑳
  5. 教室展開⑧:目からうろこの教室展開
  6. 危機管理
  7. 教室運営活性化とは④「マンパワーの向上が一番重要」
  8. 学習塾のホームページの有効性⑤

ブログカレンダー

2018年12月
« 11月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP