個別指導塾のこれから④

方や、一般的な「補習」が中心の個別指導塾の場合は「基礎力を定着させる」ことが大切です。
何を今更…と思いますが「いい加減な指導と看板に偽りあり」の学習塾が意外なほど多いのです。(色物塾と呼びます)
色物塾は、いつもポスティングしています。
色物塾は、一見「安価」です。
色物塾の教室長は教務力が低いです。
しっかりした教務力を持って、一貫性のあるPRと情報発信能力が「生き残る塾」になる方法です。

関連記事

  1. 生き残る塾が「勝つ」
  2. ホリデイ・ブレークの雑談;ある学習塾開業者A氏の話 …終話
  3. 塾生募集の虎の巻②&開業当初の募集
  4. 個別指導塾のこれから③
  5. 「学習塾経営・教室運営」について⑩
  6. 教室運営活性化とは⑥「ダメなものはダメを認めること」
  7. 学習塾「悩み相談」受け付け始まります。
  8. 夏期講習で+10名

ブログカレンダー

2018年11月
« 10月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP