窶「学習塾のホームページの有効性③

一般の学習塾のホームページは「つまらない」の一言に尽きます。
ホームページはエンドユーザーとの接点であり、購買意欲(入塾への扉)をそそらなければ意味がありません。
メニューの説明
お仕着せの(塾長は気分がいいかも?)理念
塾の自慢=自画自賛
「こんなもん」見ても・・・つまらない~
のホームページだらけです。
購買意欲をそそる=入ってみたいな~の内容にしなければ意味がありません。

関連記事

  1. 学習塾哀歌
  2. 生き残る塾が「勝つ」
  3. 学習塾の独立開業・起業・開校を成功させるには⑳
  4. マンネリ化と信頼性の違い
  5. 雑談雑考;中高年の引きこもりの方々へ
  6. 雑談雑考:学習塾経営に向いている人とは…
  7. 夏期講習で+10名
  8. 学習塾の起業・開業・開校のために⑩(集める為に)

ブログカレンダー

2018年11月
« 10月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP