学習塾のホームページの有効性②

まず、有効に機能させる鉄則は「こまめにホームページの記事やブログを新しくする」ことです。
創りっぱなし、記事(ブログ)が何か月も変わっていないホームページは「お飾り」以下になってしまいます。
例えば、夏期講習会が終了した9月になっても教室の内外に「夏期講習会募集中」のチラシや広告があると興ざめしてしまうのと同じです。
要は、「塾のやる気」が感じられない印象になってしまうのです。

関連記事

  1. 指導理念は、飾りか?
  2. 窶「窶「学習塾の起業・開業・開校のために⑨(教室を増やす)
  3. 最低な講師とは…
  4. これからの生き残る学習塾経営⑩
  5. 雑談雑考;塾長の悩み相談「ホームページが死んでいる?」
  6. 15周年記念キャンペーン第一弾:成功する学習塾開業・有効な学習塾…
  7. ホリデイ・ブレークの雑談;ある学習塾開業者A氏の話 …続き
  8. お問合せの多い質問①

ブログカレンダー

2018年10月
« 9月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP