差別化するなら商品開発を

こんにちは。学習塾経営の本質はもちろん「学力向上」です。しかしながら、今や、フランチャイズ、個人経営塾、学習塾の開業・開講・開校が多く、加えて、中堅・大手塾の新規開校教室と続き 乱立状態です。果たして、教務内容の差別化は簡単にはできないでしょう。
そこで考えるべきは、教務内容の商品ラインナップの強化と学習指導以外の商品開発をすることです。誤解されては困るので、説明をしますがあくまで「学習指導は主幹」であり、「枝葉の部分」的商品の開発をするという意味です。

関連記事

  1. 教室運営活性化とは③「問い合わせがないから仕方ないは罪」
  2. 学習塾の独立開業を成功させるには②
  3. GW特集;学習塾の実際「現場で起こる悲喜交々③」
  4. 教室運営活性化1-①「教室責任者(塾長・教室長)の能力向上;入塾…
  5. 学習塾成功法③「チラシ」
  6. 夏の雑考雑談③;学習塾成功への一歩
  7. 雑談雑考;塾生30名で損益分岐点が成否のカギ
  8. 教室運営活性化とは①「塾生募集を戦略的に考える」

ブログカレンダー

2018年11月
« 10月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP