教室展開④:二教室目を失敗する理由

特にプレイングマネージャ(講師も兼任)の塾長は、自分の管理する教室以外に教室展開をする場合に失敗する例が少なくありません。
理由の最たるものは
「自分と同じようにできない」
「言ったようにやれば良いだけなのに」
「熱意が足りない」
多くの塾長は「嘆き」ます。
ごもっともなのですが、これでは失敗します。
なぜなら、人は「あなたと違う」からです。
人材育成とは、自分ができることを他者に伝えることではありませんし、貴方のコピーを創ることなんて無理なのです。

関連記事

  1. 費用対効果が高いサポートを…活用しましょう!
  2. 夏の雑考雑談②;学習塾で働く講師・教室長…
  3. 学習塾のホームページは死んでいる?!
  4. 自塾が誇れるモノとは?
  5. 準備が遅い
  6. 学習塾の独立開業・起業・開校を成功させるには⑱
  7. 感受性
  8. 夏の雑考雑談⑥;毎年仕切り直しが学習塾の宿命ならば…

ブログカレンダー

2018年12月
« 11月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP