教室展開②:なぜ「二の足を踏む」のか?

上手くいっている「自分の教室」。二教室目を出すことに消極的な塾長の一番の理由は
「自分と同じ質を保てない」だろう・・・からです。
これは、その通りであり、実際にに教室目を出して失敗している例が数あります。
それでも、10年先、29年先を見越せば複数教室展開をしなければなりません。
「老いる」からです。
今と同じようにエネルギッシュにできなくなるからです。
さて、どうすれば複数教室展開を成功させらるのか?
「自分と同じ質を求めないこと=マニュアルではなくシステムを創る」ことです。

関連記事

  1. 雑談雑考:学習塾経営に未来はあるか?
  2. 学習塾の独立開業・起業・開校を成功させるには⑩
  3. これから生き残る学習塾経営①
  4. 学習塾開業・起業サポート及び学習塾活性化サポート
  5. 夏の雑考雑談⑩;学習塾の起業・開業「月謝が画一的なフランチャイズ…
  6. 雑談雑考;ポスティング1,000枚で問い合わせ12件の訳
  7. 等身大を認めることから全てが始まる
  8. 塾生募集の虎の巻&「お悩み相談受付中」

ブログカレンダー

2018年10月
« 9月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP