年相応の教務を

年齢が若いときは、熱意いっぱい、多少は乱暴な物言いでも子供は「ついてきて」くれます。
でも、若くはない年齢で「かつての教務」をしていてはアホです。
熱意は、信頼性に
言動は、丁寧で真摯な表現に
年齢とともに教務内容も変えていかなければ「質の良い教務」は維持できないのです。

関連記事

  1. これから生き残る学習塾経営②
  2. ホームページの有効性④
  3. 学習塾の独立開業・起業・開校を成功させるには⑩
  4. 学習塾のホームページは死んでいる?!
  5. ホリデイ・ブレークの雑談;ある学習塾開業者A氏の話 …続き
  6. 教室展開③:人材育成
  7. 学習塾開業・独立起業の最後の確認;ラストオピニオン
  8. 雑談雑考;個人経営塾には賞味期限がある

ブログカレンダー

2018年11月
« 10月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP