教室運営活性化とは⑥「ダメなものはダメを認めること」

戦略の基本に差別化があることはご存知かと思います。

差別化戦略の本質は、強みの強化です。逆に言えばできないことややれそうもないことに注力しても結果が薄いということです。

これは、様々に当てはまります。

チラシを入れても反応がないならば、同じことやり続けるのは意味がありません。

小学生が集まらないならば、カリキュラムや指導内容を変えなければダメでしょう。

また、ないものねだりで商品力があることから「中学受験対応」や「高校生指導」を始めても塾長もしくは教室長にいくばくかの関われる「元」がなければ失敗します。

現有する経営資源で「何が強みになるのか?」を考えることです。

そのための第一歩は、現状分析です。

現状分析と言われても、どうすればいいのやら?の場合は、塾コンに「お問合せ」ください。

思いのほか安価な費用で対応しています。

関連記事

  1. 学習塾はサービス業か?
  2. 教室運営活性化とは②「マンネリの打破」
  3. 塾生募集の虎の巻②&開業当初の募集
  4. 教室展開④:二教室目を失敗する理由
  5. 新商品開発の大切さ
  6. これから生き残る学習塾経営①
  7. 夏の雑考雑談⑦;学習塾の存在意義
  8. 教室展開⑪:なぜ必要なのか

ブログカレンダー

2018年11月
« 10月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP