授業家と事業家

教えるのが好きな講師・塾長は「自分の授業が一番で、しっかりした授業をしていれば、自然に塾生は集まる」と思っています。
しかしながら、厳しい市場環境のこのご時世では「良い授業をすることなどある意味当たり前」で、ともすれば「大して教務力がない塾」が塾生を集めていたりします。
好きなことばかりで嫌なことをしなければそれは趣味と言います。
授業家ではなく事業家意識が塾長には必要です。

関連記事

  1. 雑談雑考;新年を迎えるにあたり「学習塾の将来性①」
  2. 2教室目が失敗するワケ
  3. 私たちはサービス業者なのです
  4. 差別化とは
  5. お知らせ「知らないと怖い学習塾経営の話」
  6. 6月でも入塾する方法
  7. これからの生き残る学習塾経営⑥
  8. 春期講習会を無料にしてはいけません。

ブログカレンダー

2018年11月
« 10月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP