イノベーション学習塾経営

イノベーション学習塾経営

イノベーション学習塾経営概要

 下請け的な仕事ではなく、唯我独尊の経営ができる学習塾。正業として、副業として魅力がある「業」ですが誰もが成功できる訳ではないことが現現実です。例えば、フランチャイズ加盟学習塾経営は、加盟金等のイニシャルフィーを支払い、その後にもロイヤルティを支払い続けるものです。また、経営者として当然のことながら利益は経営能力に左右されます。加えて、既存フランチャイズ加盟塾の成功確率は、10%未満なのです。

当該学習塾経営は、教室運営を弊社で行い利益還元を致しますのでリスクの殆どないことに加えて、他に類を見ない優良学習塾を創る社会貢献性が高い学習塾経営者となり得るのです。

※学習塾経営を全て任せて、利益還元を得るタイプ
※教室運営が安定した後に経営を継承するタイプ

1教室あたりのリターンシュミレーション

既存学習塾を凌駕する「入塾待ち学習塾」

 習熟型ハイブリッド指導法は、難関校受験で抜群の合格実績を叩き出し、千葉県柏市で「最強の講師」として知られる「ヤマT」こと山﨑琢匠が実践し、「ヤバいほど成績が上がる」ことで既存教室は入塾待ちの状況です。

 習熟型ハイブリッド指導法の浸透、教室運営及び展開戦略については、知る人ぞ知る学習塾専門コンサルタント会社 塾総コンサルティングが全面的に運営サポートします。

イノベーション学習塾経営

展開Step1

中学校の学区ごとに、各学区の特性を反映した地域密着型学習塾を開校します。(1学区1教室)

ヤバ塾の強み(1)「固定経費の低減化」

→何故その塾に通うのか?一般的な学習塾の塾生及び保護者に対するアンケートの答えで一番の理由は「近いから」。ならば、駅前のテナント料が高い物件で開校するよりは児童が近隣に住んでいる住宅地の近くに開校することです。また、1教室の商圏範囲は半径500mが妥当であり、口コミや評判を聞いてその商圏が広がるのです。

ヤバ塾の強み(2)「地域密着の具現化」

→各中学校の授業内容を踏まえた授業準拠指導を行うため短期間で成績が上がると共に、内申点が改善するため、大半の塾生は中位・上位高校に合格する。加えて、地域密着を具現化・地域一番塾創成に独自の情報発信手法を取り、クチコミの誘導及び地域社会への貢献を行います。

ゲリラ・ドミナント戦略:特定地域に点から線、線から面へヤバ塾を複数教室展開する。

展開Step2

少数育成による「劇的な短期成績向上」で口コミを誘発し、短期間に塾定員を充足しま
す。

ヤバ塾の強み(3)「少ない塾生で収益確保」

→定員は1学年10名と少人数なので 定員(30名)充足が容易である。
(一般の学習塾は、塾生数50名の損益分岐点で運営している。)

ヤバ塾の強み(4)「差別化された指導内容」

習熟型ハイブリッド指導法とは、個別指導・一斉授業・S.R.Tを組合せた指導法で,各塾生一人ひとりの学力や性格を考慮して指導すること、テストの得点力を増強する為に一斉授業での重要事項の徹底指導、学力定着の為の学習指導(自学自修の指導)を行うことで短期間で急速に成績を上げることができる。わずか1ヶ月の指導で学年順位を一気に70位上げた実績もある、ヤバ塾独自の教務及び学習指導メソッド。
※S.R.Tとは、適する学習内容を提示し、自学自修を具現化する方法です。

他塾にはない得点力増強カリキュラム:個別対応指導+
一斉指導+Super Refreshing .Training

展開Step3

常に入塾希望者が待機する状態となるため、欠員による売上高の減少が最小限に抑えられると共に生徒募集の広告費が削減でき、各教室が安定した利益を継続的に確保する態勢が確立する

ヤバ塾の強み(5)「入塾待機生戦略」

→対象は中学3学年とするが、少数育成習熟型ハイブリッド指導法により劇的に成績が向上し、希望高校合格者が多数出るため、差別化されると共に、小学6年生・5年生の受け入れを行い中学1年生からの入塾をしない塾を創ることから「ヤバ塾は中学生になってからでは入れない。」印象となる。

ヤバ塾の強み(6)「売上の安定化と利益率の向上」

→学年移行期の生徒の減少による売上の落込みが少なく、また固定費の中心であるテナント賃借料が低く抑えているので、安定した利益確保が可能である。

独自の教室長O.J.T:FIRO-B(※)を駆使した個人特性を活かした能力向上プログラム
※Fundamental Interpersonal Relationship Orientation-Behavior

イノベーション学習塾経営に関するお問い合わせは「0120-803-507」

学習塾業界の現状

学習塾と一言で言っても、大手進学塾、フランチャイズ加盟塾、個人経営塾と分類されます。これまで不況に強い業種だと言われてきましたが、今や少子化と乱塾(学習塾がたくさんある現状)により、成功するには相応の戦略と戦術が必要になりました。例えば、フランチャイズ加盟塾の場合、ネームバリューやブランド力だけではもはや集客できず青息吐息の教室が思いのほか多いのが現実です。また大手進学塾でさえ、1教室の塾生数の確保に四苦八苦、M&Aで生き残りを模索しています。

日本は資源が乏しく、国土も狭いため、国力を維持するには「国民の教育・知的レベル」を維持向上させることが必要です。故に文科省は「ゆとり教育からの脱却(競争原理への回帰)」に方針転換しました。少子化とはいえ、学校等の教育現場の混迷を見ただけでも塾の存在意義と保護者の期待、そして依存度は増すばかりなのです。加えて、家計に占める教育費の優先順位は高い事実があります。

然るに何故学習塾経営がうまくいかないのでしょうか?簡単明瞭、どこの塾も同じような内容だからです。差別化と独自性無きところに成功はありません。ここに既存フランチャイズ加盟塾が苦しい理由があります。

学習塾市場の魅力

「少子化=子供にかける教育費の増加」であり、祖父母が孫の教育費をサポートすることが通例化しています。加えて、本質を求める時代(安かろう悪かろうを避けて、本質的に価値あるものにお金を支払う時代)になっているのです。

また、「裸足の国で靴を売るよりも、靴を履いている国で売るほうが売れる」ように、塾に行っていない児童・生徒を入塾させることよりも他塾からの塾生を流入させることのほうが容易です。

であるならば、乱塾の市場環境は、ヤバ塾にとってはプラスの環境なのです。

イノベーション学習塾経営に関するお問い合わせは「0120-803-507」
  一般的学習塾 ヤバ塾
集客力(塾生獲得力) 低い:特色がない均一的内容

  • 授業内容が画一的で成績が上がらない
  • 学習意欲が高まらない

→「クチコミがほとんど出ない」

高い:習熟型ハイブリッド指導

  • 得点力増強集中指導&個別対応で学力増進
  • やる気を引き出す学習指導

→「驚き・感動がクチコミを生む」

収益性 低い:月謝の安さと人件費の増大

  • 集める為にダンピングの価格競争
  • 個別指導は人件費が売上の50%占有
  • 無駄な広告宣伝費

→「売上低減且つ固定経費の増大」

高い: 高品質のサービスによる高価格帯月謝

  • 高付加価値高価格戦略(少数ファン獲得)
  • 固定経費を抑えた教室運営法
  • 費用対効果が高いP.R戦術

→「少ない塾生で高い売上・支出を抑えた経営」

教室運営 確固とした運営成功法がない

  • 教務、運営、事務の区別が曖昧
  • 教室責任者の能力向上の機会が皆無
  • 他塾に横並びの猿真似運営

→「特色なし・成果なし・魅力なし」

あるべき運営方法が明確化している

  • 教務、運営、事務の区別による職能の明確化
  • 教室責任者及び講師の完全なるO.J.T
  • 地域性、教室運営スタッフも熟慮した運営

→「特色ある・成果がある・魅力ある」運営

独自性・差別化戦略 個別指導学習塾は今や差別化ではない

  • 今やF.Cのメリットがデメリットに
  • 指導内容、運営内容がどこも同じ
  • 地域密着の具体性がない

→「成功する為の差別化戦略がない」

学力UPのマル秘指導法と差別化戦略

  • 独自の指導法を軸に運営はフレキシブル
  • 独自の指導法の浸透と個性に合わせた指導
  • 1学区1教室、地域住民への情報発信

→「他に類を見ない独自性と地域密着の具現化」

 

ヤバ塾は、そのネーミングのインパクトだけではなく、指導内容及び募集戦略から教室運営の全てに渡り考え尽くされた、
既存のフランチャイズ加盟塾を凌駕する塾」です。

教室運営は学習塾経営のプロフェッショナルが行います。

既存教室収支(1)

既存教室収支(1)

既存教室収支(2)

既存教室収支(2)
イノベーション学習塾経営に関するお問い合わせは「0120-803-507」

Q&A(よくある質問)

Q1.イノベーション学習塾経営って何です?
A1.
・塾に通っても成績が上がらない
・脅迫まがいで通塾を強要させられしぶしぶ通っている子供たち
・FCにロイヤリティばかり支払って利益が出ず疲弊する塾長
などの様な状況に一石を投じ、保護者様が月謝を支払う価値があり、またオーナーとして塾経営を初めから行うのではなく、地域に根ざして安定的に収益が得られるように成長させた学習塾の経営権を継承できるのが『イノベーション学習塾経営』なのです。
Q2.学習塾経営に全くタッチしなくても、利益は得られるのですか?
A2.はい、得られます。なぜなら経営の全てをこちらで行うからです。
Q3.複数教室を開校することはできるのですか?
A3.はい、可能です。当然教室数×上記の利益が得られます。
(複数教室展開をご希望の場合は2教室以降は初期投資額が割引されます。詳しくはお問い合わせください)
Q4.税金対策は考えてもらえるのでしょうか?
A4.はい、専門税理士が対応させていただきます(費用は別途かかります)
Q5.固く利益が出るなら直営教室を増やせばいいと思いますが イノベーターを募るのはなぜですか?
A5.私たちがお金を稼ぐことを目的としていたら、直営のみが一番でしょう。
しかし、私たちの目的は次の2つです。
1.子どもたちに「生きる力」を与える『真の教育』を日本中に広めること
2.日本中の教育を変えるために、一人でも多くの『協賛者を増やす』こと
この目的を達成するためには、一刻も早く教室を増やすこと、そしてオーナーさんを増やすことが重要なのです。

イノベーション学習塾の詳細についてのお問い合わせ

お名前 【任意】
メールアドレス【必須】
ご希望の内容【必須】
ご質問等記入欄 【任意】
イノベーション学習塾経営に関するお問い合わせは「0120-803-507」
PAGE TOP