これからの生き残る学習塾経営⑨

個人塾の塾長が陥りがちな傾向に「新たな挑戦」をしなくなる…ことがあります。

取りあえずは「喰えている」、まあまあ「ゆとりの生活」ができている。

実は、この時にしなければならないことが結構あるのですが「腰が重い」様です。

塾にも自身にも「体力があるうちに」1教室から脱皮して複数教室展開をしなければなりません。

法人化→人材雇用・人材育成は、自身が今の仕事量ができなくなったときもさることながら、健全な家族生活を営む上でも必要なことです。

なぜ?そうしない…怖いからです。

人が自分と同じようにできないだろう→その通りです。

今の収入から一時減るだろう→その通りです。

塾コンは、他教室展開の難しさを知っている以上に成功する方法も知っています。

「体力があるうちに」また、「一度失敗した塾長」も塾コンに一度は接してみてください。(無料相談)

自身の賞味期限が塾の賞味期限になってはいけません。

関連記事

  1. 雑談雑考:「学習塾成功の本質」
  2. 個別指導塾のこれから⑥
  3. 雑談雑考;学習塾の将来性①
  4. 危機管理
  5. 雑談雑考:伸びている塾は何が違うのか?
  6. 教室運営活性化とは⑨「時間講師の質の維持・向上がカギ」
  7. 学習塾経営について②
  8. 教室運営活性化とは②「マンネリの打破」

ブログカレンダー

2018年9月
« 8月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP