これからの生き残る学習塾経営⑤

学習塾をする上で避けては通れないもっともネガティブなことの一つに

「毎年、仕切り直しの商売」であることがあります。

言わずもがなのことですが、中学生までを対象にしている場合は、中学3年生の卒業時である2月末でゴソっとその人数がいなくなります。

2月とは言わず、高校合格が決まった時点で退塾(印象の観点から卒塾にしましょうか)となる場合もあるでしょう。

学年末で減った人数を新学期から夏休みまでに回復できればしめたもの、年度によっては元の塾生数に回復できずにジリ貧も珍しくない昨今でしょう。

この避けられない現実があっても毎年毎年ちゃんと同じ人数を確保している塾もあるものです。

これらの塾は、自然にそうなっているのではありません。

各塾の特色を生かし、相応の戦術があるからなのです。

「仕切り直しの商売である」ことに目をつぶらず、自塾のやり様を創意工夫されんことを切に願います。

関連記事

  1. これからの生き残る学習塾経営⑧
  2. 教室運営活性化1-①「教室責任者(塾長・教室長)の能力向上;入塾…
  3. 雑談雑考;学習塾のホームページについて②
  4. 教室展開⑥:時間講師だけで運営できるか?
  5. 塾長・経営者の熱意や言うことをそのまま伝えようとすることが間違っ…
  6. マンネリ化と信頼性の違い
  7. 雑談雑考;塾生30名で損益分岐点が成否のカギ
  8. 塾内講演会の勧め

ブログカレンダー

2017年11月
« 10月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

最近の記事

アーカイブ

友だち追加

PAGE TOP