学習塾成功法⑮

学習塾・教室は、他の商売に比し、利益率は高い※1のですが「大きく儲かる」ものではありません。

※1個別指導で人件費率が50%を超える状態ならそうとは、言えません。

「出ずるを制し、入るを増やす。」のは当たり前です。

主たる出費項目である「人件費率※3・宣伝広告費率※3」を抑えることが利益率の向上に繋がります。

※2時間単価での純利計算をして、授業品質を保ちながらも率を上げる講座を考える。何も、1種類の講座でなくともいいでしょう。

※3年間の広告費をいくらにするのか?いつ・どのように使うのか?出費額、特に紙面媒体は、速やかな回収をする思考が大切。

無計画、だらだら出費は、いけません。

 

 

 

関連記事

  1. 学習塾は、本業として生業として成り立つか?
  2. 学習塾開業成功事例;飲食業・48歳・妻子有り
  3. 雑談雑考:夏の思い出②「24時間マラソン勉強会」
  4. 学習塾成功法⑬
  5. 人材育成の大切さ
  6. 雑談雑考:塾生募集「チラシの反応が悪い場合はどうすればいいのか?…
  7. 学習塾経営について④
  8. 学習塾のホームページは死んでいる?!

ブログカレンダー

2018年10月
« 9月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP