塾内講演会の勧め

自塾で、塾長自身が「講演会」をすることは地域密着戦略の基本です。
「えっ、何を話したらいいんだ?」
「そんな大それたこと…」
多くの個人塾の塾長は、そう思います。
積極的な塾長は、(とりあえず)進路説明会や個別相談会等をしますがあまり「集客力」がないばかりかリピーターにならないでしょう。
塾長として、教育関連事項で「気になることや時事的に情報提供したいこと」を調べて、勉強してな塾生の保護者向けに開催します。
その際、友人知人の方の出席も募ります。
ここで大切なことは、初めは数人でも「定期的に継続する」ことです。
すると、徐々に参加人数が増えていきます。
この場は、あまり弊社のコマーシャルはしたくありませんが、「自分でできる講演会プログラム」にて、講演者としての塾長の育成・能力向上やネタ提供等を総合的に支援する方法に準じて、地力をつけることもできます。
塾内講演会は、とても有効なプロモーションの一つです。
実際、1年間、隔月で行いリピーター、塾生以外の保護者の出席から入塾しています。

関連記事

  1. 授業家と事業家
  2. 雑談雑考;ある保護者の声「大学生の先生は信用できない。」
  3. 番外タイトル:塾コンはなぜクライアントを明かさないのか?
  4. 何で塾長は、エバルのでしょうか
  5. 夏の雑考雑談④;安易な・おいしい話は危ない
  6. 夏の虫と学習塾
  7. 個別指導の講師はなぜ座っているの?
  8. 雑談雑考:夏の思い出①「心頭滅却すれば火もまた涼し?」

ブログカレンダー

2018年10月
« 9月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP