学習塾成功法⑥

学習塾の「設備」はどの程度が適当なのでしょうか?
外観:電飾看板で総工事費100万の塾とアクリルボードのライトアップで総工費20万以下(カッティング文字等も含む)
内装;机・椅子、面談机、壁紙・フロアも立派な教室と会議テーブル・パイプ椅子、内装はそこそこ…
資金が潤沢で「金をかけても別段回収できなくてもいいか…」ならば「高品質」で構いませんが高品質だからといって塾生がわさわさ来るものでもありません。
大切なことは「清潔感と整理整頓がゆきとどいていること」なのです。

関連記事

  1. 雑談雑考:リスクを最小限に抑えた学習塾経営とは
  2. 「学習塾経営・教室運営について」④
  3. 個別指導塾のこれから④
  4. 教室運営活性化とは②「マンネリの打破」
  5. 「学習塾経営・教室運営」について⑧
  6. 感受性
  7. 教室運営活性化1-①「教室責任者(塾長・教室長)の能力向上;入塾…
  8. GW特集;学習塾の実際「現場で起こる悲喜交々②」

ブログカレンダー

2018年9月
« 8月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP