学習塾成功法⑥

学習塾の「設備」はどの程度が適当なのでしょうか?
外観:電飾看板で総工事費100万の塾とアクリルボードのライトアップで総工費20万以下(カッティング文字等も含む)
内装;机・椅子、面談机、壁紙・フロアも立派な教室と会議テーブル・パイプ椅子、内装はそこそこ…
資金が潤沢で「金をかけても別段回収できなくてもいいか…」ならば「高品質」で構いませんが高品質だからといって塾生がわさわさ来るものでもありません。
大切なことは「清潔感と整理整頓がゆきとどいていること」なのです。

関連記事

  1. 雑談雑考:「口だけのコンサルティングか?」
  2. 学習塾専門コンサルタント養成講座について
  3. 雑談雑考;塾生募集の要諦①
  4. GW特集;学習塾の実際「主婦の井戸端会議から」
  5. 教室運営活性化とは⑨「時間講師の質の維持・向上がカギ」
  6. 学習塾の起業・開業・開校のために⑪
  7. 生き残る塾が「勝つ」
  8. 緊急告知!コンサルタント養成講座「大幅受講料割引」

ブログカレンダー

2018年6月
« 5月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

最近の記事

アーカイブ

友だち追加

PAGE TOP