「学習塾経営・教室運営について」③

新年度を迎え、主に小・中学生対象の場合、中学3年生の穴埋めに新規入塾生を募ることが一大仕事になります。4月を迎え「思うように集まらない。」場合でも特段に落ち込む必要もない現況があります。なぜなら、3月にこぞって塾に入る時代は今や昔の話で、「毎月、毎月」入塾の機会を創れる昨今です。
闇雲にチラシやポスティングをするのではなく、フォーカスを絞って、ニーズに合った紙面創りをすることで新規入塾生は集められます。

関連記事

  1. 教室運営活性化とは⑦「新商品開発と独自性」
  2. 人材育成の大切さ
  3. 番外タイトル:塾コンはなぜクライアントを明かさないのか?
  4. 夏のボーナス・キャンペーン
  5. お問合せの多い質問①
  6. これからの学習塾にとって大切なこと
  7. 個別指導塾のこれから⑩
  8. 学習塾経営について⑨

ブログカレンダー

2018年1月
« 12月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

最近の記事

アーカイブ

友だち追加

PAGE TOP