年度報告書の作成を

こんにちは。
3月には、毎年「年度報告書」をご家庭に提出している塾は意外に少ないようです。
個人塾でも出されることを勧めます。
内容は、今年度の進学結果(中受・高校受験・大学受験)偽りなく正直にです。
内部生向けの書面ですから守秘義務の問題は薄れますが「各家庭にお伺いをして」紹介してください。
次に、今年度の受験を振り帰り(塾長の意見や印象)
新年度の展望
プラス、新講座の案内や紹介特典など
です。
年度報告書は、保護者への信頼の証であり、これも出せないような塾は、たとえ授業の質が良いと自負していても近い将来、塾生が集まらなくなります。
また、月例連絡は言わずもがな、毎月の塾からの「新聞や通信」は今や塾経営では常識です。

関連記事

  1. 安価で使えるコンサルティング;レインボー倶楽部
  2. 新年を迎え:成功する学習塾経営とより良き学習塾運営のために
  3. 自画自賛の塾は…
  4. 学習塾成功法⑳
  5. 波のない塾経営体質に
  6. 雑談雑考;学習塾の将来性②「個人開業塾の未来は明るいか?」
  7. お問合せの多い質問①
  8. これからの生き残る学習塾経営⑧

ブログカレンダー

2018年1月
« 12月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

最近の記事

アーカイブ

友だち追加

PAGE TOP