パンドラの箱

学習塾業界は、特に神奈川県内は、学習塾業にとってのパンドラの箱の蓋を何年も前に開けてしまいました。
月謝のダンピングと無料受講です。
ソフトを商品として扱う経営では、価格競争は底なしです。
迎合しての価格合戦をするのではなく、価格を下げなくとも「評価される」塾体質を創ることがこれから(価格破壊に迎合していない成功塾は今もちゃんとありますが)の重要な戦略のひとつです。

関連記事

  1. 教室運営活性化とは①「塾生募集を戦略的に考える」
  2. 学習塾の独立開業・起業・開校を成功させるには⑫
  3. 学習塾の独立開業・起業・開校を成功させるには⑰
  4. 個別指導の限界
  5. 必ず失敗する塾経営者
  6. 「学習塾経営・教室運営」について⑧
  7. 雑談雑考:塾生募集の適時とは
  8. 個別指導塾のこれから⑨

ブログカレンダー

2018年1月
« 12月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

最近の記事

アーカイブ

友だち追加

PAGE TOP