パンドラの箱

学習塾業界は、特に神奈川県内は、学習塾業にとってのパンドラの箱の蓋を何年も前に開けてしまいました。
月謝のダンピングと無料受講です。
ソフトを商品として扱う経営では、価格競争は底なしです。
迎合しての価格合戦をするのではなく、価格を下げなくとも「評価される」塾体質を創ることがこれから(価格破壊に迎合していない成功塾は今もちゃんとありますが)の重要な戦略のひとつです。

関連記事

  1. 雑談雑考;教務力は成功する為の必要十分条件ではない
  2. 塾内講演会の勧め
  3. 学習塾はサービス業か?
  4. 個別指導塾のこれから⑥
  5. 個別指導塾のこれから⑩
  6. 学習塾の起業・開業・開校のために②
  7. 何で塾長は、エバルのでしょうか
  8. 学習塾成功法⑱

ブログカレンダー

2018年10月
« 9月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP