学習塾経営について⑥

複数教室展開を成功させるには、「自身の分身教室長を創ろうとしないこと」です。
なぜなら、塾長の意識と教室長の意識には「埋めようにも埋められない」差があるからです。
然るに、教室長には「能力に見合った」教務内容と教室運営を考えるべきなのです。
但し、本部教室としての位置づけで塾長主導の教室があり、その近隣(スープが冷めない距離)に文教室として展開する場合はその限りではありません。

関連記事

  1. 必ず失敗する塾経営者
  2. 新タイトル「学習塾経営・教室運営について」①
  3. 学習塾経営:出張セミナーキャンペーン
  4. 差別化とは
  5. 番外タイトル:アナログとデジタル
  6. これからの生き残る学習塾経営⑩
  7. 学習塾のホームページは死んでいる?!
  8. 雑談雑考:学習塾経営に未来はあるか?

ブログカレンダー

2018年6月
« 5月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

最近の記事

  1. *

アーカイブ

友だち追加

PAGE TOP