学習塾経営について④

プレイングマネージャー型個人塾経営の最大の問題は、「1教室は上手くいくが…」です。
加齢と共に、気力・体力が落ちていきますから往年の「熱意ある指導」ができなくなる。
当たり前の話ではありますが、「運営体力があるうちに」複数教室展開をすることが必要です。
しかしながら、「成功している」ほどに、複数教室展開に踏みきれない。
自分と同じにできないだろう…がよぎり、リスクテーキングから逃げてしまうのです。
発想を変えて見てはどうでしょう?
自分が運営している「教室」とは「別の中身の教室」を展開する。
授業家から事業家への脱皮が必要です。

関連記事

  1. 個別指導の講師はなぜ座っているの?
  2. 教室運営活性化とは④「マンパワーの向上が一番重要」
  3. これから生き残る学習塾経営②
  4. 学習塾の起業・開業・開校のために⑤
  5. 教室展開⑤:リスク低減には複数教室同時開校を
  6. 雑談雑考;塾長の悩み相談「複数教室展開①」
  7. 教室運営活性化とは⑤「改善の一歩は閉塞感の払拭」
  8. お知らせ:自己実現の為に「学習塾専門コンサルタント養成講座」につ…

ブログカレンダー

2018年9月
« 8月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP