学習塾の独立開業を成功させるには②

今や、個別指導だから(画一的な指導内容)とか、ネームバリューがあるからでは成功しない現実があります。
新聞折込のチラシにしても3万枚で反応がゼロであることも珍しくありません。
①自身が教務指導を行う(行える)場合
②自身は経営に専念して教務指導は他者に任せる場合
③塾長としての仕事(保護者面談や教室運営)はするが教務指導はしない場合
これらの「どれ」であるかによってその成功の方法は異なります。
共通していることは「他塾との(近隣塾)差別化」を如何に図り、情報発信していくかということです。
差別化といっても「独りよがりな我が儘」ではなく、ニーズに合った差別化であることは言わずもがなです。

関連記事

  1. ホリデイ・ブレークの雑談;ある学習塾開業者A氏の話 …終話
  2. 番外タイトル:塾コンはなぜクライアントを明かさないのか?
  3. 学習塾のホームページは死んでいる?!
  4. 未経験、就業中の方が学習塾経営をする:至れり尽くせりのサポート
  5. お知らせ「知らないと怖い学習塾経営の話」
  6. 雑談雑考;塾長の悩み相談「ホームページが死んでいる?」
  7. 教室運営活性化とは⑩「積極的保護者対応」
  8. 学習塾経営について⑨

ブログカレンダー

2018年8月
« 7月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

最近の記事

  1. *

アーカイブ

PAGE TOP