学習塾の独立開業を成功させるには②

今や、個別指導だから(画一的な指導内容)とか、ネームバリューがあるからでは成功しない現実があります。
新聞折込のチラシにしても3万枚で反応がゼロであることも珍しくありません。
①自身が教務指導を行う(行える)場合
②自身は経営に専念して教務指導は他者に任せる場合
③塾長としての仕事(保護者面談や教室運営)はするが教務指導はしない場合
これらの「どれ」であるかによってその成功の方法は異なります。
共通していることは「他塾との(近隣塾)差別化」を如何に図り、情報発信していくかということです。
差別化といっても「独りよがりな我が儘」ではなく、ニーズに合った差別化であることは言わずもがなです。

関連記事

  1. GW特集;学習塾の実際「主婦の井戸端会議から」
  2. 雑談雑考:老後の安定収入の一考察
  3. 雑談雑考;中高年世代が成功する方法
  4. 教室展開⑤:リスク低減には複数教室同時開校を
  5. 夏の雑考雑談⑤;成功する学習塾経営にはナビが必要
  6. 雑談雑考:学習塾経営の成功は一様ではない
  7. 個別指導塾このこれから⑤
  8. 番外編;複数教室展開の必要性

ブログカレンダー

2017年11月
« 10月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

最近の記事

アーカイブ

友だち追加

PAGE TOP