番外タイトル:塾コンはなぜクライアントを明かさないのか?

営業的見地から見れば実績を固有名詞を上げて紹介すること、○○塾、□□塾・・・はこんない伸びています、等々の実績を明言することが望ましいことは百も承知なのです。また、ネット上のPR専門サイトで「好評」であることをコマーシャルする方法もあります。
でも、しませんしクライアントの固有名詞は決してあげません。
塾コンは「円の下の力持ち」であり、「黒子」である・・・塾長が主体であり、塾コンがPRに使うことは決してあってはならないからなのです。
営業的にはマイナスですが、私たちは関わる塾の成功に貢献し続けていますし、新規開業・開校クライアントの失敗は皆無です。

関連記事

  1. 雑談雑考:学習塾経営に未来はあるか?
  2. お問合せの多い質問①
  3. 教室運営活性化とは⑤「改善の一歩は閉塞感の払拭」
  4. 教室運営活性化とは②「マンネリの打破」
  5. 感受性欠如の悲劇
  6. 夏の雑考雑談③;学習塾成功への一歩
  7. 雑談雑考;ポスティング1,000枚で問い合わせ12件の訳
  8. 雑談雑考;塾生30名で損益分岐点が成否のカギ

ブログカレンダー

2018年1月
« 12月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

最近の記事

アーカイブ

友だち追加

PAGE TOP