雑談雑考:複数教室展開の必要性①「以前は良かったが…」

最近、多いお問い合わせは、

「学習塾を20数年やってきたが最近は塾生が集まらず年収も半分になってしまった…どうしたものか?」

かつては、塾生80名~60名を毎年確保し塾長として講師として慕われ、尊敬されていた…年収は700万円は下らない。

気づけば、年収が300万円そこそこで毎年塾生確保に四苦八苦の現実。

年齢は、55歳以上の塾長方々です。

理由は、経年劣化なのです。

○加齢とともに体力が落ちますから、若い時のように「長時間の指導や講習会の指導が長くできなくなった。」こと

○精神的にも、熱意が知らず知らずに落ちていく。

○指導内容がニーズに合わなくなってきたが合わせ気力やアイディアも考えることが難儀になってきた。

全ては、年齢とともに体力と気力が落ちるからです。

ならば、体力・気力があるうちに複数教室を創ることです。

「そうは言っても自分と同じにできるような気がしない…」

これが、複数教室展開をしなかった塾長の共通した意識です。

当たり前ですが、自分のコピーを創る思考がそもそも間違いです。

少なくとも、3教室までは早くに展開しましょう。

そうすれば、経年劣化しても収入が確保できます。

塾コンは、失敗しない複数展開手法を知っています。

先ずは、無料相談をご活用ください。

 

 

 

関連記事

  1. 学習塾経営について⑧
  2. 学習塾の独立開業・起業・開校を成功させるには⑯
  3. 波のない塾経営体質に
  4. 塾生を集める方法④
  5. 学習塾成功法②
  6. 学習塾の独立開業・起業・開校を成功させるには⑬
  7. 学習塾の独立開業を成功させるには⑦
  8. 学習塾の教室運営を職人技にしてはいけません

ブログカレンダー

2017年9月
« 8月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

最近の記事

アーカイブ

友だち追加

PAGE TOP