窶「学習塾のホームページの有効性③

一般の学習塾のホームページは「つまらない」の一言に尽きます。
ホームページはエンドユーザーとの接点であり、購買意欲(入塾への扉)をそそらなければ意味がありません。
メニューの説明
お仕着せの(塾長は気分がいいかも?)理念
塾の自慢=自画自賛
「こんなもん」見ても・・・つまらない~
のホームページだらけです。
購買意欲をそそる=入ってみたいな~の内容にしなければ意味がありません。

関連記事

  1. 年度報告書の作成を
  2. 生き残る塾が「勝つ」
  3. 中学三年生の継続通塾をするには…
  4. 新商品開発の大切さ
  5. 夏の雑考雑談①;学習塾業界とは…
  6. 学習塾開業成功事例;未経験・早期退職・56歳・妻帯者・地方リター…
  7. 等身大を認めることから全てが始まる
  8. 教室展開③:人材育成

ブログカレンダー

2017年9月
« 8月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

最近の記事

アーカイブ

友だち追加

PAGE TOP