雑談雑考;塾生30名で損益分岐点が成否のカギ

塾長として教室運営に関わり、教務指導をする場合(塾コンではプレイングマネージャー型と言います)に限らず、教室長を雇用しオーナーとして経営する(オーナー型)にしても塾生30名で損益分岐点※にすることが鉄則です。

※1.プレイングマネージャー型;塾生30名で月報酬20万円~25万円確保

※2.オーナー型;塾生30名で最低でも赤字にはならない

なぜなら、少子化乱塾の市場環境下では、パイの取り合い状況であり1教室で50名以上の塾生数を確保することは無理ではないにしても、とても大変なことだからです。

「オーナー型で塾生が60名や月売上げ80万円でも純利が殆どでない実例」

「年収が500万円未満のプレイングマネージャー型の塾長」

塾コンは、あってはならない現実だと思います。

 

 

 

 

関連記事

  1. 学習塾の将来性②
  2. 窶「学習塾のホームページの有効性③
  3. 教室運営活性化とは⑨「時間講師の質の維持・向上がカギ」
  4. 新年のご挨拶
  5. 学習塾経営について⑥
  6. 個別指導塾このこれから⑤
  7. これからの生き残る学習塾経営⑪
  8. 夏の雑考雑談⑧;学習塾の開業・起業・開校の成功確率の一考察(1)…

ブログカレンダー

2018年9月
« 8月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP