雑談雑考;塾生30名で損益分岐点が成否のカギ

塾長として教室運営に関わり、教務指導をする場合(塾コンではプレイングマネージャー型と言います)に限らず、教室長を雇用しオーナーとして経営する(オーナー型)にしても塾生30名で損益分岐点※にすることが鉄則です。

※1.プレイングマネージャー型;塾生30名で月報酬20万円~25万円確保

※2.オーナー型;塾生30名で最低でも赤字にはならない

なぜなら、少子化乱塾の市場環境下では、パイの取り合い状況であり1教室で50名以上の塾生数を確保することは無理ではないにしても、とても大変なことだからです。

「オーナー型で塾生が60名や月売上げ80万円でも純利が殆どでない実例」

「年収が500万円未満のプレイングマネージャー型の塾長」

塾コンは、あってはならない現実だと思います。

 

 

 

 

関連記事

  1. 教室展開④:二教室目を失敗する理由
  2. 学習塾開業成功事例;学習塾業未経験48歳・妻子有り・千葉県
  3. 「学習塾経営・教室運営について⑦
  4. 学習塾成功法③「チラシ」
  5. 学習塾はサービス業か?
  6. 個別指導塾のこれから⑦
  7. 教室運営活性化とは④「マンパワーの向上が一番重要」
  8. 6月でも入塾する方法

ブログカレンダー

2017年11月
« 10月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

最近の記事

アーカイブ

友だち追加

PAGE TOP