差別化するなら商品開発を

こんにちは。学習塾経営の本質はもちろん「学力向上」です。しかしながら、今や、フランチャイズ、個人経営塾、学習塾の開業・開講・開校が多く、加えて、中堅・大手塾の新規開校教室と続き 乱立状態です。果たして、教務内容の差別化は簡単にはできないでしょう。
そこで考えるべきは、教務内容の商品ラインナップの強化と学習指導以外の商品開発をすることです。誤解されては困るので、説明をしますがあくまで「学習指導は主幹」であり、「枝葉の部分」的商品の開発をするという意味です。

関連記事

  1. 雑談雑考:老後の安定収入の一考察
  2. お知らせ:自己実現の為に「学習塾専門コンサルタント養成講座」につ…
  3. 教室運営活性化1-①「教室責任者(塾長・教室長)の能力向上;入塾…
  4. 夏の雑考雑談⑫;学習塾の起業・開業「ホームリターンの勧め」
  5. 雑談雑考:複数教室展開の必要性①「以前は良かったが…」
  6. 雑談雑考:リスクを最小限に抑えた学習塾経営とは
  7. GW特集;学習塾の実際「現場で起こる悲喜交々③」
  8. 新学期に向けて・・・新入塾生募集を

ブログカレンダー

2018年12月
« 11月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP