雑談雑考;ポスティング1,000枚で問い合わせ12件の訳

現況を考えれば、驚異の数字だと思う…10枚で1件以上の問い合わせなのですから。

創った塾コンですら驚きです。(500枚で1件の問い合わせを目標に作成している。)

なぜ?

今や、新聞折込は、「購買数の現象とアホほど入る折込の絨毯爆撃から」反応が薄く「1万枚で1件」あれば良い方だというのが現実です。

それに比べ、ポスティングはまだしも反応が取れるので多くの学習塾で実施しています。

また、H.Pを開設して問い合わせを増やすことも今や当たり前の方法です。

塾コンが作成するポスティング原稿は

○地域性に合わせる

○教室の特色と生きたキャッチコピーを提示

○ストーリーある内容

○H.Pとのリンク

○配布方法の工夫;時期や配布

これらを塾長ととともに考えて実施します。

※参考になれば幸いです。

⇒どこの教室でもオールマイティに有効な紙面はありえませんが、ご希望であれば「当たり原稿」を全ての固有情報をさくじょした紙面は参考までに提供します。

 

関連記事

  1. 学習塾は、サービス業にしてサービス業に非ず
  2. ホリデイ・ブレークの雑談;ある学習塾開業者A氏の話
  3. 雑談雑考;中高年世代が成功する方法
  4. 個別指導塾のこれから①
  5. 雑談雑考;生き残る=成功する為の「学習塾の商品開発」とは
  6. 教室運営活性化1-①「教室責任者(塾長・教室長)の能力向上;入塾…
  7. 雑談雑考;個人学習塾経営者が失敗する理由
  8. 夏の雑考雑談⑩;学習塾の起業・開業「月謝が画一的なフランチャイズ…

ブログカレンダー

2018年12月
« 11月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP