言うのは易し…

こんにちは。
よく人(コンサルタントや教材展示会での先生)は、これからは(今は)、差別化が大事です。「何か、地域一番塾になってください。」と言います。
聞けば、なるほどと思うことだと思いますが、実際「考えてみる」とたやすく具現化できないと思います。
ただ考えていても 無理でしょう。
科学的アプローチが必要なのです。
強みと弱みの分析、経営資源の分析、人的能力の向上と経営戦略の策定などなど。
科学は、事象の設計図であり、具現化の手段でもあります。
今まで、塾業界(個人塾)は、塾長のパワーで成功を掴んできた言っても過言ではなく、そのカリスマ的な塾長が自分の経験則で「アドバイス」をしてきた…これが、成功の秘訣と。
もうそんなやり方では、成功はできない時代には入っていることを理解すべきだと思います。

関連記事

  1. 個別指導の講師はなぜ座っているの?
  2. 学習塾の独立開業・起業・開校を成功させるには⑳
  3. 窶「学習塾の起業・開業・開校のために⑧(教室を増やす)
  4. 学習塾専門コンサルタント養成講座について
  5. 学習塾の起業・開業・開校のために⑤
  6. 雑談雑考:学習塾経営(開業)を知る
  7. 夏の雑考雑談⑦;学習塾の存在意義
  8. 何で塾長は、エバルのでしょうか

ブログカレンダー

2018年1月
« 12月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

最近の記事

アーカイブ

友だち追加

PAGE TOP